下田新聞は下田の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

伊豆急下田駅にXmasスイーツカフェが期間限定オープン!

IMG_8789
下田駅のクリスマス装飾

2017年7月に運行開始した豪華列車ザ・ロイヤルエクスプレスの車両を使用したカフェが伊豆急下田駅限定、期間限定でオープンすることに合わせて駅のクリスマス装飾がスタート。

カフェの名前は”THE ROYAL EXPRESS CAFE SHIMODA”

通常は横浜〜下田間を運行し、料金は片道大人¥25,000と¥35,000(飲食サ税込)の2コース、伊豆を走る優雅なレストラン列車としてファンを魅了しているザ・ロイヤルエクスプレスが、下田駅ホーム停車中にカフェ利用できるという内容。

そう、ポイントは走らない列車内でのカフェ利用であること。

観光地を走る列車のウリといえば、一番は非日常の旅の景色にある。
しかし、景色は季節や天候で価値が左右されてしまう。

ここ最近誕生している多くの観光列車に共通する考え方が、高級なホテルやレストランのように充実した内装で非日常の特別な世界観を表現し、列車内の空間そのもの、そこで過ごす時間を価値として楽しんでもらうというものだ。

IMG_8531
ザ・ロイヤルエクスプレスもまた季節や天候に左右されない、乗ることにワクワクを感じられる列車。

そんな列車内で揺れを感じることなく静かに優雅なカフェタイムを楽しめるのだから、通常運行とはまた違った特別な体験ができそうだ。

DSC08802
入場口では、列車クルーがお出迎え。
バトラーか、もしくはホテルのドアマンに導かれる感じで気持ちが高まる。

下田新聞は運行開始前の研修時代の彼女たちを見ていたから分かるが、運行開始約5ヶ月経ち、いい意味で余裕の表情が生まれてきたと感じる。

クリスマスの素敵なカフェタイムを過ごすための重要な要素、それはスタッフも一緒に楽しんでいる雰囲気作りだと思う。
いくら内装・飲食・BGMが優れていても、スタッフのテンションが低かったり、忙しそうにバタバタされてしまっては台無しだ。

DSC08808
そうそう、こんな感じで優しく迎えられるとリラックスできる。

さて、気になるカフェプランは料金ひとりあたり5,000円で、クリスマス特製スイーツとフリードリンク(アルコール類も含む)、さらにTHE ROYAL EXPRESSオリジナルマグカップがお土産に付いたセット内容。

カフェタイムは日によって異なり、1時間〜1時間半。
カフェ開催日は列車運行日と重なっているため、12/8,15,16,17,22,23,24の7日間。

WEBもしくは電話予約が必須となり詳細は 公式イベント申込みサイトをご覧になるか、直接電話でお問い合わせください。

※人数限定で当日受付もしていますので列車到着前まではコールセンターに、到着後は駅にいるクルーにお声がけください。

スイーツカフェで5000円という豪華な価格設定に、期待が膨らむ。

こちらがクリスマス特製スイーツ!
IMG_8815
全6種の盛り合わせ。

詳細は、食べてみてのお楽しみ。

クリスマスプレゼントのように包みを開けて中身を楽しむ工夫がされていたり、

DSC08832
ところどころにクリスマスカラーが施されていて気分が高まる。

飲み物は全ておかわり自由、アルコール類は
IMG_8810
スパークリングの白とロゼ、白・赤ワイン、静岡産三ケ日みかんを使用したクラフトチューハイ。

DSC08827
やっぱりクリスマスは泡っしょ。

筆者はロゼをいただきました。
甘ったるくなくフルーティ、若々しい酸味が特徴的なためスイーツの甘さを邪魔することなく楽しめました。

アルコールがNGだけど泡を楽しみたい人方向けに、ノンアルコールのシードルが用意されているところはナイス。

ノンアルコールは、コーヒーと紅茶を選ぶことができる。

IMG_8842
クリスマスシーズン限定のミカフェートオリジナルブレンドと、ラグジュアリーティーブランドTWGのレッドクリスマスティー。

泡で軽く乾杯した後はコーヒーや紅茶を楽しむのがオススメ。

そして、お土産のマグカップは
IMG_8852
今年限定のイヤーマグ。

入手場所が限定され、かつ年代が入ったシンプルな食器は後々コレクション品としても価値が上がる可能性がある。
来年もぜひ2018年バージョンの制作を期待したい。

さて以上がクリスマススイーツカフェプランの全貌。

しかし、実際体験した筆者の記憶に残ったのは実はスイーツや飲み物だけではなかった。

というよりどちらかというと、飲食以外のエンタテイメントがとても心に残った。

そんな雰囲気を作っていたのが、
IMG_8849
この3人。

左からピアニストの大貫夏奈さん、ヴァイオリニストの大迫淳英さん、マジシャンのJUNYAさん。

大迫さんは、JR九州の”ななつ星in九州”でも専属ヴァイオリニストを努め、ロイヤルエクスプレスの運行時にも数多く同乗し、生演奏を披露されている方。

言ってみれば日本で一番列車内の揺れに強いヴァイオリニストだ。

そんな大迫さんに、

「今日は停車中で揺れが無いからいつもより気が楽ですよね?」

と聞いたところ。
DSC08831
「揺れが無いから逆に不安ですよ(笑)」

と、ナイスな返し。

こういう粋な会話が、いい時間を作ってくれる。

マジシャンのJUNYAさんは、クリスマスシーズンの運行と今回のカフェのみの同乗。

IMG_8835
こんな感じにお客さんのテーブルを個別に周り、クローズアップマジックを次々と披露しては車両内に歓声を生み出す魔法使い。

IMG_8848
マジックはいい。

カップルもファミリーも、誰もがドキドキできる。

鳥肌が立つようないい音楽を聞いたり、わ!と驚くマジックを目の当たりにした時のドキドキ感がなんだかんだ一番印象に残り、楽しい時間を過ごしたな!と思えた。

IMG_8807
それは、他のスタッフの方々との何気ない会話にも感じられた。

運行開始から約5ヶ月、様々な観光客との旅の道中の会話で磨かれてきたスタッフの「一緒に楽しい雰囲気を過ごそう」といったスタンスのようなものが感じられて心地よかった。

これは、ホテルやレストランの優秀なスタッフに感じるものとは異なる、馴染みやすい空気感みたいなものだろうか。

.

ザ・ロイヤルエクスプレス車内や駅には、他にもクリスマスならではの装飾や催しものが用意されている。

その一つ一つをあえて紹介しないでおこうと思うのは、カフェに訪れスタッフの方々に色々と尋ねてもらい会話が弾んだ方がきっと楽しい時間になるだろうから。

12/17(日)の14:00~15:00と、24(日)12:30~13:30には、下田駅での無料コンサート&マジックショーも開催されます。

もう一度記しますがカフェは人数限定で当日受付もしているそうですが、基本は事前予約制なので、あらかじめ公式サイト等からご予約ください。

伊豆下田で、

Have a Royal Xmas!

.

取材先:THE ROYAL EXPRESS (東急電鉄、伊豆急行)
WEB: https://www.the-royalexpress.jp/

カフェ申込案内:https://www.the-royalexpress.jp/news/20171129_428/

Share (facebook)